田中 肇研究室 ソフトマターの物理 東京大学 工学系研究科 物理工学専攻 東京大学 生産技術研究所 基礎系部門
入り口 > 研究 > 高分子・液晶・コロイド・膜・タンパク質 > 膜系 > 膜系の流動誘起相転移
高分子・液晶・コロイド・膜・タンパク質液体・ガラス・ゲル光とソフトマター
流体系の相分離粘弾性相分離(高分子溶液)粘弾性相分離(コロイド・タンパク質溶液)粘弾性相分離(シミュレーション)ブロックコポリマーのミクロ相分離ぬれと相分離外場下での流体系の相分離(流動・温度勾配)スメクチック液晶の動的構造制御高分子溶液の動的臨界現象高分子鎖のコイル・グロビュール転移コロイドを用いた非平衡現象の直接観察コロイド系の新しいシミュレーション手法荷電コロイドの電気泳動荷電コロイドの凝集空間拘束下での膜の秩序化膜系の流動誘起相転移MLVの核形成・成長膜の相転移と構造形成液晶マイクロエマルションコロイド・液晶複合系液晶・等方液体系の相分離膜・コロイド複合系における自発的粒子分別

膜系の流動誘起相転移

膜系の流動誘起相転移 両親媒性分子は,水中において様々な会合体を形成することが知られている.ある濃度,温度領域においては,二分子膜を形成しさらに高次の構造として高温側では等方的なスポンジ相,低温側では局所的に膜が平行に配向したラメラ相を形成する.このようなリオトロピック液晶を用いて流動場下におけるスポンジ相・ラメラ相間の転移について,レオロジー的挙動,顕微鏡観察を用いて研究を行なっている.これまでに,スポンジ相に流動場を印加すると,ラメラ相が誘起される流動誘起の非平衡相転移を見出した.また,流動場下での温度冷却過程で,スポンジ相から形成されるラメラ相の核生成パターンは多重ベシクル構造, ストリングの 2パターンがあること,それらは臨界ずり速度により明確に分かれていることを発見した.そして様々なずり速度において多重ベシクル・ストリング転移に要する時間を測定することで,濃度,流動場,時間を軸とする動的状態図を作成することに成功した.このような非平衡下でどのような状態が選択されるかという問題は,非平衡統計物理の極めて重要な基本問題であり,この問題に答えを与えるべく研究を行なっている.

« 戻る 進む »