田中 肇研究室 ソフトマターの物理 東京大学 工学系研究科 物理工学専攻 東京大学 生産技術研究所 基礎系部門
入り口 > 研究 > 液体・ガラス・ゲル > ガラス転移・ジャミング > 駆動された粉体系のジャミング
高分子・液晶・コロイド・膜・タンパク質液体・ガラス・ゲル光とソフトマター
液体・液体転移ダイナミクス液体・液体転移の臨界挙動空間拘束下での液体・液体転移水と水型液体の熱力学・動的異常液体・液体転移の理論ガラス転移の理論フラストレーションを導入したMDシミュレーション多分散コロイド系のガラス転移現象駆動された粉体系のジャミングラポナイトのジャミング転移ガラス転移温度以下での結晶化キネティクスキャビテーション

駆動された粉体系のジャミング

駆動された粉体系のジャミング 砂,コンクリート,小麦粉,化粧品,粉薬など,粉末状の物質は日常生活のいたるところで目にすることができる.しかし,こうした粉体を物理学の立場から扱うことは実は非常に困難で,粉体の物理は近年ようやく発展が見られるようになった新しい分野である.粉体の最大の特徴は粒子間の非弾性衝突によるエネルギーの散逸であり,そのため外部からエネルギーを与え続けることで粒子の運動が持続する.我々は,加振機のつくる振動によって駆動された粉体系の振舞いを調べている.この系では,粒子密度などの条件の変化に伴って,ジャミングと呼ばれる固体・液体転移に似た転移がみられることが知られており,近年とくにジャミングとガラス転移との関係についての研究が盛んに行われている.我々は,これまでガラス転移に関して得てきた知見を活用することで,ジャミングという新しい現象に対する理解を深めることを目標として研究を行っている.さらに,粉体が一粒子レベルで判別できることを利用して,マクロな現象であるジャミングから,よりミクロなガラス転移に対する理解の手がかりを得ることを目指している.

« 戻る 進む »