田中 肇研究室 ソフトマターの物理 東京大学 工学系研究科 物理工学専攻 東京大学 生産技術研究所 基礎系部門
入り口 > 研究 > 液体・ガラス・ゲル > ガラス転移・ジャミング > 多分散コロイド系のガラス転移現象
高分子・液晶・コロイド・膜・タンパク質液体・ガラス・ゲル光とソフトマター
液体・液体転移ダイナミクス液体・液体転移の臨界挙動空間拘束下での液体・液体転移水と水型液体の熱力学・動的異常液体・液体転移の理論ガラス転移の理論フラストレーションを導入したMDシミュレーション多分散コロイド系のガラス転移現象駆動された粉体系のジャミングラポナイトのジャミング転移ガラス転移温度以下での結晶化キネティクスキャビテーション

多分散コロイド系のガラス転移現象

多分散コロイド系のガラス転移現象 ガラス状態は,液体を冷却,あるいは,その密度を増大させた際に結晶化が起きなければ形成される.しかし,ガラスになりやすい物質となりにくい物質があることや, ガラス転移にともなうスローダイナミクスの物理的機構は,いまだ未解明な問題である.我々は,ガラス化は,結晶化に対するフラストレーションの帰結であるという新しい考え方に立ち,ガラス転移現象のモデル系として,二次元多分散コロイド系を用い,幾何学的フラストレーションの度合いを粒径の分散性により制御することで,結晶状態からガラス状態までを系統的に研究可能なモデルの構築に成功した.この様に,幾何学的なフラストレーションの強さを系統的に制御し,構造,ダイナミクスの両面から,本系で実現されるガラス状態を調べた結果,液体中に過渡的に結晶性の高い領域が形成されることを見出し,これこそがガラスのスローダイナミクスの起源であることを明確な形で示した.

« 戻る 進む »