田中 肇研究室 ソフトマターの物理 東京大学 工学系研究科 物理工学専攻 東京大学 生産技術研究所 基礎系部門
入り口 > 研究 > 液体・ガラス・ゲル > 液体・液体転移 > 液体・液体転移ダイナミクス
高分子・液晶・コロイド・膜・タンパク質液体・ガラス・ゲル光とソフトマター
液体・液体転移ダイナミクス液体・液体転移の臨界挙動空間拘束下での液体・液体転移水と水型液体の熱力学・動的異常液体・液体転移の理論ガラス転移の理論フラストレーションを導入したMDシミュレーション多分散コロイド系のガラス転移現象駆動された粉体系のジャミングラポナイトのジャミング転移ガラス転移温度以下での結晶化キネティクスキャビテーション

液体・液体転移ダイナミクス

液体・液体転移ダイナミクス 物質には気体・液体・固体の3つの基本的な状態がある.気体は,分子が相互作用なく飛び回り,固体は周期的に並んだ構造である.一方で液体はランダムに分子がつまっている状態と考えられている.このような考え方では,液体の状態は分子構造と密度だけで決まっている事になる.近年,一つの分子種に二つの液体状態があるという常識を覆す驚くべきことが発見された.このことは,液体は密度だけで決まらないことを示唆している.しかし,高温・高圧という実験条件のため,この起源を調べることは困難であった.その状況の中,我々は Triphenyl phosphite (TPP) という分子性液体において,常圧で起こる液体・液体転移を見出した.簡単な実験条件のため,顕微鏡で転移の様子を観察 (図参照),熱量測定,力学測定を行うことが可能となり,その結果,この転移の起源は液体中に存在する局所的に安定な構造の数の変化であることが示唆された.

« 戻る 進む »