田中 肇研究室 ソフトマターの物理 東京大学 工学系研究科 物理工学専攻 東京大学 生産技術研究所 基礎系部門
入り口 > 研究 > 高分子・液晶・コロイド・膜・タンパク質 > 高分子系 > 高分子溶液の動的臨界現象
高分子・液晶・コロイド・膜・タンパク質液体・ガラス・ゲル光とソフトマター
流体系の相分離粘弾性相分離(高分子溶液)粘弾性相分離(コロイド・タンパク質溶液)粘弾性相分離(シミュレーション)ブロックコポリマーのミクロ相分離ぬれと相分離外場下での流体系の相分離(流動・温度勾配)スメクチック液晶の動的構造制御高分子溶液の動的臨界現象高分子鎖のコイル・グロビュール転移コロイドを用いた非平衡現象の直接観察コロイド系の新しいシミュレーション手法荷電コロイドの電気泳動荷電コロイドの凝集空間拘束下での膜の秩序化膜系の流動誘起相転移MLVの核形成・成長膜の相転移と構造形成液晶マイクロエマルションコロイド・液晶複合系液晶・等方液体系の相分離膜・コロイド複合系における自発的粒子分別

高分子溶液の動的臨界現象

高分子溶液の動的臨界現象 高分子溶液系の動的臨界現象は,古典流体系のそれと同じであると考えられてきたが,最近我々は高分子溶液系の相分離現象が,古典流体系のそれと本質的に異なることを示し,前者においては粘弾性効果が重要な役割を演ずることを明らかにした.このことは,動的臨界現象に関しても,臨界点のごく近傍を除き,粘弾性効果により強く影響を受ける可能性があることを示唆している.実際に,我々は,高分子溶液系の臨界粘性異常が高分子成分の分子量の増大とともに弱くなることを見出した.また,高分子溶液系の臨界濃度揺らぎのダイナミクスを動的光散乱法により測定し,揺らぎのダイナミクスに対する粘弾性効果を明らかにした.臨界現象における動的普遍性の概念の根底には,系の秩序変数の臨界揺らぎのモードが,系の固有のダイナミクスに比べはるかに遅いため,固有のダイナミクスが臨界ダイナミクスに影響を与えないという前提があるが,動的に非対称な系 (たとえば,のろまな分子とすばしっこい分子の混合系) においては,この前提が大きく破れ得ることを示唆している.

« 戻る 進む »