田中 肇研究室 ソフトマターの物理 東京大学 工学系研究科 物理工学専攻 東京大学 生産技術研究所 基礎系部門
入り口 > 研究 > 高分子・液晶・コロイド・膜・タンパク質 > 相転移に対する外場効果 > スメクチック液晶の動的構造制御
高分子・液晶・コロイド・膜・タンパク質液体・ガラス・ゲル光とソフトマター
流体系の相分離粘弾性相分離(高分子溶液)粘弾性相分離(コロイド・タンパク質溶液)粘弾性相分離(シミュレーション)ブロックコポリマーのミクロ相分離ぬれと相分離外場下での流体系の相分離(流動・温度勾配)スメクチック液晶の動的構造制御高分子溶液の動的臨界現象高分子鎖のコイル・グロビュール転移コロイドを用いた非平衡現象の直接観察コロイド系の新しいシミュレーション手法荷電コロイドの電気泳動荷電コロイドの凝集空間拘束下での膜の秩序化膜系の流動誘起相転移MLVの核形成・成長膜の相転移と構造形成液晶マイクロエマルションコロイド・液晶複合系液晶・等方液体系の相分離膜・コロイド複合系における自発的粒子分別

スメクチック液晶の動的構造制御

スメクチック液晶の動的構造制御 セッケン二分子膜系は膜の揺らぎに起因する斥力相互作用により,ラメラ相,スポンジ相などトポロジーの異なる様々な相構造を形成する.この系にコロイド粒子を添加し電場でその揺らぎを制御することにより,膜の揺らぎ,ひいては膜構造を動的に制御することに成功した.例えば,ラメラ相を形成するセッケン二分子膜系にコロイドを添加すると,膜の熱的な揺らぎが抑制され,結果,その揺らぎに起因する斥力相互作用 (Heflich 相互作用) が弱くなりラメラ構造の秩序度は減少する.これに交流電場を掛けると,コロイドの一次元的な周期的運動によりラメラ相の秩序が回復することが見出された.交流電場の強度や周波数を変えることで,空間・時間軸において膜の動的な揺らぎを制御することに成功した.このことはフォトニック材料としての液晶膜の動的制御の可能性を示唆するものである.

« 戻る 進む »