田中 肇研究室 ソフトマターの物理 東京大学 工学系研究科 物理工学専攻 東京大学 生産技術研究所 基礎系部門
入り口 > 研究 > 液体・ガラス・ゲル > 液体・液体転移 > 空間拘束下での液体・液体転移
高分子・液晶・コロイド・膜・タンパク質液体・ガラス・ゲル光とソフトマター
液体・液体転移ダイナミクス液体・液体転移の臨界挙動空間拘束下での液体・液体転移水と水型液体の熱力学・動的異常液体・液体転移の理論ガラス転移の理論フラストレーションを導入したMDシミュレーション多分散コロイド系のガラス転移現象駆動された粉体系のジャミングラポナイトのジャミング転移ガラス転移温度以下での結晶化キネティクスキャビテーション

空間拘束下での液体・液体転移

空間拘束下での液体・液体転移 どのような系においても,揺らぎが存在し,その特徴的な長さは相関長と呼ばれている.臨界点近傍では,この揺らぎは増大し,転移に関して重要な働きを示す.系にこの相関長と同程度の空間拘束を与えると転移温度が大きく変化することが知られている.我々が見出した液体・液体転移の相関長は数百 nm - 数 μm と長く,空間拘束を簡単に行うことができる.その結果,転移温度が下がることがわかった.また,液体・液体転移において重要と思われる ξ_0 が空間拘束を強くしていくと,小さくなっていくこともわかった.これにより,強く空間拘束された液体は,バルクの時とは物性が異なる可能性が示唆された.

« 戻る 進む »