田中 肇研究室 ソフトマターの物理 東京大学 工学系研究科 物理工学専攻 東京大学 生産技術研究所 基礎系部門
入り口 > 研究 > 高分子・液晶・コロイド・膜・タンパク質 > 高分子系 > 高分子鎖のコイル・グロビュール転移
高分子・液晶・コロイド・膜・タンパク質液体・ガラス・ゲル光とソフトマター
流体系の相分離粘弾性相分離(高分子溶液)粘弾性相分離(コロイド・タンパク質溶液)粘弾性相分離(シミュレーション)ブロックコポリマーのミクロ相分離ぬれと相分離外場下での流体系の相分離(流動・温度勾配)スメクチック液晶の動的構造制御高分子溶液の動的臨界現象高分子鎖のコイル・グロビュール転移コロイドを用いた非平衡現象の直接観察コロイド系の新しいシミュレーション手法荷電コロイドの電気泳動荷電コロイドの凝集空間拘束下での膜の秩序化膜系の流動誘起相転移MLVの核形成・成長膜の相転移と構造形成液晶マイクロエマルションコロイド・液晶複合系液晶・等方液体系の相分離膜・コロイド複合系における自発的粒子分別

高分子鎖のコイル・グロビュール転移

高分子鎖のコイル・グロビュール転移 希薄な溶液中にある高分子鎖は,溶媒との相互作用により全体が広がったコイル状態や,凝縮したグロビュール状態などで存在することが知られている.コイル・グロビュール転移とは,コイル状態で存在していた高分子鎖が,溶媒の温度が低温になることなどにより,グロビュール状態を取るようになることである.高分子鎖が凝縮中にとる配置は,実験による観測が難しく,シミュレーションによる研究が注目されている.我々は,溶媒がコイル・グロビュール転移に与える影響のうち,とくに流体としての働き (流れ場) に注目しシミュレーションを行い,その結果を流体を取り入れていないシミュレーションの結果と比較して,その働きを明らかにしている.これまでの研究から,流体の流れによって高分子鎖の凝縮がスムーズになること,また高分子鎖の初期の形によって流体は異なる働きをすることがわかってきた.

« 戻る 進む »